2010年04月16日

政権公約「基本は変えぬ」=小沢民主幹事長(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は12日午後、党本部で記者会見し、夏の参院選に向けたマニフェスト(政権公約)見直しに関し、「半年前の国民との約束を変える方が変だ」と述べ、大幅な修正に否定的な見解を示した。一方で、「細部のいろいろな、現実の施行をどうしたらいいかという方法論はいい」とも述べた。 

【関連ニュース】
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

過激な性教育への歯止め削除 男女共同参画中間案、福島氏の意向色濃く(産経新聞)
<新党>「たちあがれ日本」政策面で自民との違い見いだせず(毎日新聞)
首相動静(4月11日)(時事通信)
与謝野氏、新党結成で参院選後に言及へ(産経新聞)
アヴァンスを非弁活動で告発=無資格職員が債務交渉か−大阪弁護士会(時事通信)
posted by イノマタ タカノブ at 21:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。